アレルギー性鼻炎 蓄膿症

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎は蓄膿症のきっかけになる

花粉が多く飛び交う時期になると、アレルギー性鼻炎に悩まされる方も増えます。アレルギー性の鼻炎は、ほかにも色々な原因がありますが、特に多いのが花粉から発症してしまうケースです。

 

ただハウスダストなどのアレルギー物質が引き金になる場合もあるため、年中注意が必要な病気と言えます。

 

そしてアレルギー性鼻炎にかかってしまうと、蓄膿症にかかってしまうリスクも高まるのです。どちらも同じ鼻の病気ですが、症状やその重さがまったく違います。一般的には蓄膿症の方が症状も重く、治療も困難となっているのです。

 

アレルギー性鼻炎からなぜ蓄膿症を併発してしまうかは、粘膜が原因となっています。基本的に鼻炎になると、鼻の粘膜が赤く腫れてしまうため炎症を起こします。

 

ウイルスに対する抵抗力が弱まり、さらに鼻の奥にある鼻腔と呼ばれる空洞に細菌が進入しやすくなるのです。一度奥に入ってしまうと、今度は鼻腔の周辺で炎症を起こしてしまいます。

 

そして蓄膿症を併発し、鼻水が黄色っぽくなったり、喉や頭に痛みを訴えるようになります。

 

蓄膿症を併発するリスクを減らすなら、アレルギー性鼻炎から身を守ることが大切です。ハウスダストや花粉が引き金となりますので、体内へ吸い込まない環境作りをする必要があります。

 

花粉が多い季節に外を出歩くときはマスクを着用し、外出着は毎日洗濯しましょう。

 

また、埃をためないように掃除をし、部屋を清潔な環境に保つことが重要です。特に小さい子供がいる家庭は注意しましょう。空気清浄機などで室内を快適な空間に保つのもひとつの方法です。

スポンサーリンク