蓄膿症 アルコール

スポンサーリンク

蓄膿症とアルコールは無関係だが・・

適度な飲酒は健康にも良いですが、飲み過ぎは逆効果となるため禁物です。これは蓄膿症にかかっている場合でも同じことが言えます。

 

アルコールと蓄膿症は、実はいっさい関係がありません。お酒を飲み過ぎたからといって、発症のリスクが高まるわけでは無いのです。

 

しかし過度なアルコール摂取は治りを遅くするばかりか、かえって症状を悪化させてしまう場合があります。お酒は脳の神経を麻痺させる効果を持っているため、痛みを一時的に和らげると考えられます。

 

しかし、それもごく一時的なものなので、根本的な解決にはなりません。

 

お酒は体内の血の巡りを良くする効果を持っています。アルコールの血中濃度が高まって血管を拡張させるため、飲み会などで顔が赤くなったり、体が火照るのはこのためです。

 

適度に飲めば体の免疫力上昇や新陳代謝活性化などの恩恵を受けられます。しかし血中濃度が高くなると血の巡りが良くなり過ぎ、頭痛やめまいといった症状の元になります。

 

特に蓄膿症を患っている状態ならなおさらで、血液の流れが速くなって炎症を早め、鼻づまりや痛みを悪化させてしまいます。

 

蓄膿症にかかっているなら、アルコールは控えるべきでしょう。普段も飲み過ぎには注意が必要ですが、病気にかかっている時はより気を付ける必要があります。

 

特に病院で渡される抗生物質などの薬を飲んでいる場合は、お酒は絶対に控えるべきです。効果が薄れるばかりか、副作用を引き起こす可能性があります。

 

もし飲酒をするときは、医師に相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク