蓄膿症 子供

スポンサーリンク

子供に特に多い蓄膿症

子供はよく風邪を引きますが、知らず知らずのうちに蓄膿症にかかっている場合もあります。

 

風邪を引いて小児科へ連れて行くと、医師から薬が処方されます。その後薬を飲ませても咳や鼻水の症状が長引き、慌てて再度病院へ連れて行ったら蓄膿症と診断されるケースも珍しくないのです。

 

大人の場合と比較して発症することは多いにもかかわらず、発見が遅くなってしまう傾向にあります。子供も体調の変化に気が付きにくいため、親がより一層注意しなければいけません。

 

子供の蓄膿症は2〜3歳でも発症する可能性があります。その原因のほとんどが風邪で、症状が似ていることから、病院でもらった風邪薬を飲ませて終わるケースが多くなっています。

 

大人と比較してまだ鼻の奥にある副鼻空が発達しておらず、大きさも小さいため、ウイルスが進入しやすく炎症を起こしやすいのです。ただ大人の場合と比べると重症化することはほとんどなく、慢性化しない限りは治りやすいのが特徴と言えます。

 

風邪を引いたあと、鼻水などの症状が長引いたら早めに医師へ相談し、適切な治療を受けることが大切です。

 

子供を蓄膿症から守るためには、まず風邪を予防を意識しましょう。それにはうがいと手洗いが有効です。ですので、外から帰った時の習慣として、しっかりとうがい手洗いをさせましょう。

 

一般的に子供の風邪は3日前後で治りますが、数日経っても症状が改善されない場合は、耳鼻科へ連れて行くのもおすすめです。蓄膿症の疑いが無いか調べることができます。

スポンサーリンク