蓄膿症 原因

蓄膿症にかかる理由

蓄膿症は主に風邪にともなう免疫力の低下やウイルス感染などを原因として発症します。

 

しかし、風邪は誰でも経験があるのに対して蓄膿症にかかる人は限られています。

 

これはもともと蓄膿症になりやすい体質の人とそうでない人の差があるためです。

 

そして、なりやすい体質ができる理由は遺伝などの先天的要素と食生活などの後天的要素で変わってきます。他にも姿勢が悪いといった日常のちょっとしたことが発症のきっかけになると言われています。

 

こうした要因すべてが蓄膿症の原因となりうるものですから、病気への抵抗力が低い人は注意が必要です。

蓄膿症の原因は先天性のものと後天性のものがある記事一覧

鼻の構造と粘膜

私たちの体はとても複雑な構造をしていますが、その中で最も重要な役割を担っているのが顔です。顔には嗅覚、視覚などすべての器官が揃っており、どれかひとつでも欠けると日常生活に多大な影響を及ぼします。このうち匂いを感じ取る役割を持っているのが鼻です。実はとてもデリケートで、ウイルスが入り込むと蓄膿症を引き...

≫続きを読む

蓄膿症は遺伝による生まれつきの体質も発症に関係する

蓄膿症は毎年多くの人が発症する病気のひとつですが、そのほとんどは風邪などがきっかけで、ウイルスが鼻の奥まで進入することが原因となっています。他のことが原因になるケースはめったにありませんが、遺伝によってかかりやすくなる場合があります。しかし、蓄膿症そのものが遺伝するわけではありません。発症しやすい体...

≫続きを読む

蓄膿症の原因となる偏った食事や野菜不足、甘いものの摂りすぎ

一人暮らしなどをしていると、食べ物が偏りがちになります。特に忙しい方はコンビニの弁当やスーパーのお総菜で済ませてしまうことも多いでしょう。しかしコンビニ弁当などでは必要な栄養が不足してしまったり、偏ってしまうおそれがあります。栄養が不足すると免疫力が低下し、風邪を引きやすい体質ができてしまいます。風...

≫続きを読む

蓄膿症は風邪による免疫力の低下やウイルスの侵入が原因

誰でも一度や二度は風邪を引いたことはあるでしょう。鼻水や喉の痛み、咳などさまざまな症状に悩まされ、発熱して満足に体が動かせなくなってしまいます。私生活に影響が出ることから、ほとんどの方が安静にしなければいけませんが、薬を飲めば数日ほどでこれらの症状はなくなります。しかし、その後も鼻水が止まらず、喉や...

≫続きを読む

蓄膿症は冷え性や血行が悪い人はなりやすい?

蓄膿症にかかってしまうと、さまざまな症状に悩まされます。慢性的なケースになると冷えを感じるようになり、体に悪影響を及ぼすこともあるのです。蓄膿症と体の冷えはあまり関係の無いように思えますが、実は大いに関係があります。何故なら免疫力が関係しており、体温が下がっているということは免疫力が低下している証拠...

≫続きを読む

蓄膿症は疲れやすい人はかかりやすい上に症状として疲労感がでる

身体が疲れている時は病気の発症リスクや感染症の抵抗力は上がるものです。蓄膿症に関しても例外ではなく、疲労がたまっている時に発症する可能性は高いです。同時にもともと疲れやすい人や慢性的に疲労がたまっている人も注意が必要です。逆に蓄膿症になると体が疲れやすくなります。元々風邪が原因となって発症する方の多...

≫続きを読む

スポンサーリンク