蓄膿症 疲れ

スポンサーリンク

蓄膿症と疲労の関係

身体が疲れている時は病気の発症リスクや感染症の抵抗力は上がるものです。蓄膿症に関しても例外ではなく、疲労がたまっている時に発症する可能性は高いです。同時にもともと疲れやすい人や慢性的に疲労がたまっている人も注意が必要です。

 

逆に蓄膿症になると体が疲れやすくなります。元々風邪が原因となって発症する方の多い病気ですが、免疫力が低下しているため余計に疲労を感じやすくなるのです。

 

肉体疲労はさらに免疫力を低下させ、倦怠感や生活面でも大きな影響を及ぼします。蓄膿症になって疲れが溜まりやすくなったら、免疫力が一時的に低下している可能性があります。

 

この状態が長引けば、ほかの病気に感染してしまうおそれもあるため、食事や生活の改善で免疫力を高めるようにしましょう。

 

疲れが溜まりやすくなったり、免疫力が低下する原因は、蓄膿症の症状と深い関係にあります。主な症状としてあらわれるのは鼻づまりや目、喉、耳などの痛みです。

 

この痛みと咳のせいで夜中に何度も目が覚めてしまい、寝不足になってしまう方もいます。睡眠不足が何日も続くと体の疲労が寝ても取れなくなって蓄積されるのです。朝起きたときに倦怠感や疲れが残っているなら、満足に睡眠がとれていないことになります。

 

病院で蓄膿症の治療をすることも大切ですが、同時に安眠できる環境作りと食べ物で改善していきましょう。疲れに効く食べ物はシジミです。シジミには豊富なビタミンB群が含まれており、肉体疲労に効果を発揮します。

 

また、ビタミンB12が眠りの質を改善し、正しい睡眠リズムへと導いてくれます。味噌汁などにすれば、胃にも優しく食べやすいのでおすすめです。

 

心地よい眠りにつけるようになり、疲労を和らげて朝の倦怠感も抑えられます。

スポンサーリンク

関連ページ

鼻の構造
鼻の構造と粘膜、蓄膿症の関係について説明しています。
遺伝による体質
蓄膿症自体が遺伝するわけではありませんが、病気の素質は遺伝によって生まれつき受け継ぐ可能性があります。
食生活の問題
野菜不足や偏食、甘いものの過剰摂取といった食生活は蓄膿症の原因のひとつです。
風邪の影響
蓄膿症は風邪をひいた時の免疫力の低下やのどや鼻へのウイルスの侵入などによって起こります。
冷え性や血行の悪さ
蓄膿症にかかると寒気を感じやすくなったりしますが、もともと冷え性の人や血行が悪い人は発症のリスクが高いことをあらわします。