なた豆とは

蓄膿症改善に使いたい「なた豆」とは?

なた豆とは別名「帯刀(タテハキ)」と言われるマメ科の一年草です。名前の由来は長いさやがたなに似ている形をしているところにあります。

 

このなた豆ですが昔から漢方に用いられたりしているもので、色々な病気の治療にも重宝されてきました。

 

特に注目すべきは蓄膿症の膿を出す効果が期待できると広く言われている点です。

 

蓄膿症でお困りなら病気の治療とあわせてぜひ使っておきたいものなので、試してみてはどうでしょうか。

蓄膿症の膿出しに使いたい!なた豆とは?記事一覧

なた豆のもつ美容や健康への効果

なたまめは鼻炎や蓄膿症、歯槽膿漏の改善に役立つほか、さまざまな効能を持っています。特に注目されているのが美容や健康維持に対する効果です。なた豆自身に含まれている各種成分が、体に良い働きをして免疫力や新陳代謝を高めてくれます。実際に中国では古くから美容や健康目的に利用されてきており、お茶や食品に加工し...

≫続きを読む

なた豆は鼻炎に効果がある?

なたまめはマメ科の一年草で、大きなさやと粒が特徴です。焙煎したものをお茶として飲用するほか、福神漬けにして食べることがあります。アジアやアフリカが原産国で、日本には江戸時代に伝わりました。栽培は昔から盛んに行われてきましたが、さまざまな効果が発見され始めたのは2000年代以降のことです。その中でも鼻...

≫続きを読む

手軽にできるなた豆の料理方法

なた豆は漢方薬に用いたり焙煎してお茶として飲まれるのが一般的ですが、さまざまな料理に用いることもできます。古くから家庭でも食されてきており、スーパーでもまれに店頭で売られています。福神漬けとして食べられることもあります。料理方法は家庭によって色々とありますが、主な料理はサラダや漬け物、炒め物、揚げ物...

≫続きを読む

生のなた豆の毒抜き方法

なた豆はそのまま食べることができません。なぜなら毒が少なからず含まれており、しっかりと毒抜きしてから料理に使う必要があります。食用に用いられるものはアカナタマメやシロナタマメで、ほかの品種よりも毒が少なくなっています。市販されている加工食品は全て毒が抜かれており、そのまま食べることができます。しかし...

≫続きを読む

なた豆の保存方法

なた豆は加工して売られた食品がほとんどですが、生のものをスーパーで見かける場合もあります。ただ生ものですので、しっかり保存しないと傷んでしまい、捨てることになってしまいます。なた豆は豆類の中でも傷みやすく、購入したらすぐに保存するか加工しなければいけません。保存方法は冷凍または冷蔵が一般的です。毒抜...

≫続きを読む

なた豆そのものに副作用はないが豆アレルギーの人は控える

なた豆は健康によい食品として有名です。鉄分やビタミンといった数多くの成分が含まれており、体の健康と蓄膿症などの病気の症状緩和に効果があります。しかし、アレルギー体質の方は注意が必要です。いわゆる豆アレルギーですが、例に漏れずなた豆もさまざまな症状をきたすおそれがあります。顔や手にじんましんができたり...

≫続きを読む

スポンサーリンク