なた豆 アレルギー

スポンサーリンク

なた豆に副作用はないがアレルギーがある人は注意

なた豆は健康によい食品として有名です。鉄分やビタミンといった数多くの成分が含まれており、体の健康と蓄膿症などの病気の症状緩和に効果があります。

 

しかし、アレルギー体質の方は注意が必要です。いわゆる豆アレルギーですが、例に漏れずなた豆もさまざまな症状をきたすおそれがあります。顔や手にじんましんができたり、かゆみをともなう場合が考えられます。

 

人によっては軽いけいれんや呼吸困難などの症状が出る可能性もあるため、大豆などを医師から止められている方は、控えるのが良いでしょう。

 

また、アレルギーと同様に懸念されるのが、なた豆自体の副作用です。食材の中には過剰摂取によって副作用をきたすものもあります。いくら健康に良いといっても一気に食べず、適度に食するのが良いでしょう。

 

ただ、なた豆自体には副作用が認められていません。食べたあとに気分が悪くなったり、熱が出たりといったケースが無いため、副作用は気にするほどでもないといえます

 

しかし、なた豆には毒素が少なからず含まれています。サポニンなどの成分は毒性があり、めまい、吐き気、発疹などの症状を引き起こす可能性があります。下痢になったり胃腸の調子が悪くなる方もいます。

 

サポニンを聞いたことがあるかもしれませんが、毒抜きをする必要があるのは、この強い毒性のためです。市販の食品は加工されているのでしっかりと毒抜きされています。

 

もしなた豆を口にした後で体に異変を感じたらそのままにせず、すぐ医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

いろいろな効果
なた豆は病気の改善に役立つだけでなく、美容や美肌、健康面でも色々な効果があります。
鼻炎が治る?
なた豆にはさまざまな効能がありますが、特に鼻炎に対する効果が有名です。
調理方法
なた豆はお茶として飲む以外にも色々な調理方法があり、炒め物やサラダは料理が苦手な人でも簡単にできます。
毒抜きのやり方
なた豆は食用であっても必ず毒抜きが必要なので、やり方を紹介します。
保存方法
なた豆の風味を落とさず栄養も残したまま保存する方法について説明しています。