なた豆 料理方法

スポンサーリンク

簡単にできるなた豆の料理方法

なた豆は漢方薬に用いたり焙煎してお茶として飲まれるのが一般的ですが、さまざまな料理に用いることもできます。古くから家庭でも食されてきており、スーパーでもまれに店頭で売られています。

 

福神漬けとして食べられることもあります。

 

料理方法は家庭によって色々とありますが、主な料理はサラダや漬け物、炒め物、揚げ物です。これらの調理方法は一般家庭でも簡単なため、なた豆を食べるには十分だといえます。料理初心者の方ならサラダか炒め物が良いでしょう。

 

サラダはお好みの野菜をトッピングし、ドレッシングを和えるだけのお手軽な料理です。料理方法は簡単で、下茹でしたなた豆を軽く塩で揉み、千切りにした人参やレタス、キュウリなどを器に盛ったらできあがります。

 

ドレッシングをかけたり、マヨネーズを和えて食べるのもおすすめです。面倒なら軽く下茹でした後に塩をもみ込んで、漬け物にしても良いでしょう。半日ほど冷蔵庫に入れて漬け込めば、味が染み込んでおいしくなります。

 

さらに味噌漬けにすれば日持ちし、ご飯のおかずにもピッタリです。

 

揚げ物は、ほかの野菜と一緒にかき揚げにするとおいしく食べられます。毒抜きをしたらゴボウ、人参、玉ねぎなど根菜類を千切りにし、天ぷら粉を絡めたら180度の油でカラッと揚げましょう。

 

塩で食べても美味しいですが、めんつゆやポン酢もおすすめです。なた豆の加工次第でどんな料理にも合います。

 

自分だけの料理方法を見つけてみましょう。ただし、毒抜きは忘れないように注意が必要です。

スポンサーリンク

関連ページ

いろいろな効果
なた豆は病気の改善に役立つだけでなく、美容や美肌、健康面でも色々な効果があります。
鼻炎が治る?
なた豆にはさまざまな効能がありますが、特に鼻炎に対する効果が有名です。
毒抜きのやり方
なた豆は食用であっても必ず毒抜きが必要なので、やり方を紹介します。
保存方法
なた豆の風味を落とさず栄養も残したまま保存する方法について説明しています。
アレルギーと副作用
なた豆は副作用もなく健康にいいものですが、豆アレルギーの人が口にすると蕁麻疹などを起こすため、控えるようにしましょう。