なた豆 鼻炎

スポンサーリンク

なた豆で鼻炎が治る?

なたまめはマメ科の一年草で、大きなさやと粒が特徴です。焙煎したものをお茶として飲用するほか、福神漬けにして食べることがあります。

 

アジアやアフリカが原産国で、日本には江戸時代に伝わりました。栽培は昔から盛んに行われてきましたが、さまざまな効果が発見され始めたのは2000年代以降のことです。

 

その中でも鼻炎に効果があるということがわかり、比較的入手しやすい通信販売でなた豆茶を購入して飲んでいる方もいます。そして実際に症状が緩和されたという評判も多くあります。

 

なたまめはスーパーでもごくまれに販売されていますが、通信販売でお茶や加工食品を購入するのが簡単な方法であり、一般的になっています。

 

値段も手頃で、メーカーによっては定期コースが用意されている場合もあるので、毎回注文する手間も省けます。

 

なたまめにはタンパク質、ミネラル、鉄分、各種ビタミンなどさまざまな成分が含まれており、これらの栄養素が鼻炎の改善にも効果を発揮します。

 

鼻炎に効果があるとされる理由はいくつか考えられています。まずなたまめ自身にデトックス効果があり、老廃物を排出して肝臓や体の働きを良くすることです。

 

また、免疫力を高める効能も持っているので、病気になりにくい体を作り、新陳代謝を活性化させます。

 

実際にどれほどの効果を感じるかという点では個人差がありますが、鼻炎でお悩みの方はなたまめを試してみると良いでしょう。主に鼻づまりが改善されるという評判が多数を占めています。

スポンサーリンク

関連ページ

いろいろな効果
なた豆は病気の改善に役立つだけでなく、美容や美肌、健康面でも色々な効果があります。
調理方法
なた豆はお茶として飲む以外にも色々な調理方法があり、炒め物やサラダは料理が苦手な人でも簡単にできます。
毒抜きのやり方
なた豆は食用であっても必ず毒抜きが必要なので、やり方を紹介します。
保存方法
なた豆の風味を落とさず栄養も残したまま保存する方法について説明しています。
アレルギーと副作用
なた豆は副作用もなく健康にいいものですが、豆アレルギーの人が口にすると蕁麻疹などを起こすため、控えるようにしましょう。