蓄膿症 症状

蓄膿症の症状は鼻水だけではない

蓄膿症と聞くと鼻水や鼻づまりというイメージが強いものです。

 

たしかに主な症状は鼻に関係しているものですが、実際にはかなりの数の症状があります。

 

鼻とつながっている口や喉、歯などはもちろん、頬や目、耳といった顔の各パーツにも異常を起こすのです。

 

さらには身体全体への影響まであるのですから、単なる鼻づまりでは済まないこともあります。

 

蓄膿症の初期症状は風邪や花粉症、鼻炎と間違われるケースも少なくないので、その他の症状を知っておくと病気の早期発見につながります。

蓄膿症が引き起こすさまざまな症状記事一覧

蓄膿症になると黄色や緑色のドロドロした鼻水がでる

誰でも風邪を引いたとき、ズルズルと鼻水が出てつらい思いをすることがあります。これは多くの方が経験しますが、風邪が治るとほぼ同時に症状もおさまり、自然治癒することがほとんどです。しかし風邪が治ったのに鼻水が止まらず、何日間も続く場合はウイルスや細菌に感染しているおそれがあります。鼻の周辺部には、「副鼻...

≫続きを読む

蓄膿症によって痰が絡みやすくなる

鼻の中が炎症を起こす蓄膿症は、発症するとさまざまな症状が現れます。粘度の高い鼻水が出るというのがほとんどですが、痰が出てくる場合もあります。痰は風邪を引いたときにほとんどの方が経験するのですが、蓄膿症でも主な症状となっています。これを鼻炎や花粉症、アレルギーと勘違いする方も多く、そのまま放置してしま...

≫続きを読む

蓄膿症で鼻呼吸が辛くなると無意識に口呼吸ばかりになる

蓄膿症になると鼻がふさがってしまい、呼吸が非常に困難となります。ほとんどの方が鼻で呼吸ができず、症状が進むにつれて口呼吸をしてしまいます。口による呼吸は普段の鼻呼吸と違い、少々リスクも含んでいる呼吸方法です。人間の口の奥には粘膜がありますが、鼻からの呼吸の際は雑菌などの進入を抑え、粘膜が傷ついたり炎...

≫続きを読む

蓄膿症による鼻づまりは片方だけ起こることもあるため見落としがち

蓄膿症になるとさまざまな症状が現れますが、その中でもっとも多いのが鼻づまりです。人によって少なからず差はあるものの、ほとんどの方がこの症状で悩まされます。鼻からの呼吸がしにくくなったり、ズルズルと鼻水が喉の奥に垂れてくることがあるなど、非常にやっかいです。鼻水と鼻詰まりで二度嫌な思いをすることになる...

≫続きを読む

蓄膿症がまねく味覚障害は放置しておくと危険

食事中いつもと味が違う、何かおかしいと感じる症状が味覚障害です。普段は風邪を引いたときや、花粉症などで鼻が詰まったときに起こります。あくまで一時的なものでしばらくすると平常に戻るのですが、蓄膿腸になるとこれが長期化してしまいます。初期症状として現れることがあり、すぐに違和感を覚えるため病院へ駆け込む...

≫続きを読む

蓄膿症による喉の痛みや違和感は他の病気と間違えやすい

蓄膿症になったとき、喉の違和感や痛みを訴える方が多く居ます。初期症状として現れることもあるのですが、痛みが走ったり、奥に違和感がある症状などは、ほかの病気でもごく当たり前になっています。そのため原因がつかみにくく、蓄膿症を知らなければ一時的なものだと思いこんで放置してしまうこともあります。何故なら風...

≫続きを読む

蓄膿症になると顔の痛みや腫れ・むくみといった症状がでることもある

蓄膿症を発症すると、鼻の周囲に違和感があり、しばらくしたあと顔全体が痛み出すことがあります。ズキズキと奥から痛むような感覚に襲われ、むくみができたり腫れてしまうようなケースも起こります。顔全体が痛まない場合でもピンポイントに眉間やおでこのあたりだけが痛いという場合もあります。顔面痛や腫れのせいで夜な...

≫続きを読む

蓄膿症をきっかけとする頬の痛みや腫れ

鼻づまりとともにネバネバとした鼻水が出てきたり、喉の痛みや違和感を覚える病気が蓄膿症です。これと同時に顔や頬の周辺にも痛みが出てくる症状もあります。初めの頃は目の周りとおでこのあたりが痛み始め、そこから徐々に広がっていき、ほっぺの周辺にズキズキと鈍い痛みが現れます。ときにけいれんしたりするケースもあ...

≫続きを読む

蓄膿症は虫歯とも関係があり歯痛をまねくこともある

虫歯ができて患部が痛み始めると、最初に歯科医へ行く方が多いようです。しかしそれでも痛みの原因がわからず、痛み止めを飲んでも歯痛が全然おさまらない場合があります。これと同時に歯ぐきも痛むようなケースは蓄膿症になっている可能性もあるのです。なぜ歯の病気から鼻の病気になってしまうのかと感じてしまうかもしれ...

≫続きを読む

蓄膿症は耳鳴りを起こすこともあり重症だと中耳炎をまねく

蓄膿症になると、たまに耳鳴りや痛みに悩まされることがあります。人によって聞こえ方や大きさは変わりますが、奥も方がキーンと強く鳴り響いたり、しばらくして詰まったような感覚を覚えることから、一見したところ中耳炎の症状と何ら大差ないのが特徴です。それでも痛みなどは中耳炎と比較してとても弱く、人によっては気...

≫続きを読む

蓄膿症による集中力の低下や倦怠感などの全身症状

蓄膿症になると全身の倦怠感に襲われることがあります。実はこれは最もやっかいな症状で、仕事など日常生活に影響を及ぼす場合も珍しくはないからです。体がだるいと感じて何事もやる気が起きなくなり、仕事がたまったり勉強がはかどらなくなります。家事をする気も起きなくなってしまう方もいます。するべきことがあると理...

≫続きを読む

蓄膿症でドライマウスになると口臭もきつくなる

蓄膿症は鼻水や痛みなどの症状が現れる病気です。それと同時に口臭がきつくなり、悩まされる方も多く居ます。口の中に不快感を覚え、誰かと喋ることが嫌になったりする場合や、コミュニケーションを取ること自体が億劫になってしまうこともあります。蓄膿症になると、それくらい口の臭いがきつくなるからです。自分でも気に...

≫続きを読む

蓄膿症で鼻汁や膿が喉に流れると咳がでるようになる

風邪を引いたときは咳がでる方も多くいますが、通常なら風邪が完治すると同時にほぼおさまります。長引いてしまうこともありますが、1〜2週間もすればおさまるのが一般的です。しかし、風邪が治ったあと長期間に渡って咳が続く場合や、鼻の奥が痛んだり黄色い鼻水が続くようなら、蓄膿症になっている可能性があります。特...

≫続きを読む

蓄膿症の症状として起こる頭痛は通常とは痛み方がちがう?

蓄膿症になるとさまざまな症状が現れますが、時々ひどい頭痛に襲われることがあります。この原因にもなっているのが鼻の奥の炎症です。私たちの鼻の奥深くには副鼻腔と呼ばれる場所があります。風邪などが引き金となり、ここにウイルスが侵入すると炎症を引き起こします。副鼻腔の炎症を起こした部分が神経を刺激し、それが...

≫続きを読む

蓄膿症がまねくめまいや腫れ・痛みなど目への症状

蓄膿症になると、たまにクラクラしてめまいの症状が出ることがあります。めまい自体は貧血時や疲れが溜まったときにも起こる症状です。しかし蓄膿症の場合は、これと同時に目の周辺が腫れたり、目の奥が圧迫されるような痛みを感じるようになります。痛みでまばたきが困難になることもあるほどです。めまいの状態や起こる頻...

≫続きを読む

蓄膿症が悪化すると鼻茸ができるリスクが高まる

蓄膿症は早期発見・早期治療が大切な病気です。症状が進行してしまうと鼻づまりが悪化して呼吸ができなくなるほか、中耳炎、気管支炎、肺炎などの病気にかかってしまうことも珍しくはありません。また、ここから鼻茸ができてしまう可能性があります。万が一鼻茸ができると、余計炎症が広がってしまうことも多く、外科手術に...

≫続きを読む

スポンサーリンク