蓄膿症 咳

スポンサーリンク

蓄膿症による咳

風邪を引いたときは咳がでる方も多くいますが、通常なら風邪が完治すると同時にほぼおさまります。長引いてしまうこともありますが、1〜2週間もすればおさまるのが一般的です。

 

しかし、風邪が治ったあと長期間に渡って咳が続く場合や、鼻の奥が痛んだり黄色い鼻水が続くようなら、蓄膿症になっている可能性があります。

 

特に風邪を引きやすい時期や、3週間以上経っても止まらない場合は注意が必要になります。

 

風邪が原因で蓄膿症を発症してしまう方は、実は意外と多いのです。私たちが風邪を引くときは、ウイルスが喉や鼻の粘膜に張り付き、傷つけることが原因になっています。

 

このウイルスが鼻の粘膜のさらに奥、副鼻腔と呼ばれる空洞の周囲にまで入り込んでしまうと蓄膿症になってしまうのです。ウイルスによって鼻の奥が炎症を起こすと膿や鼻汁などがたまります。これが喉まで流れ、粘膜を痛めてしまうことで咳が出やすくなります。

 

鼻と喉はつながっているので、鼻汁や膿が喉まで流れて咳につながるわけです。特に扁桃腺のあたりを刺激されると激しい咳がでます。

 

また、膿が多い時は息苦しい感覚になったり、口から膿が痰と絡まってでたりもします。

 

それと、普段咳が出やすい方は常に粘膜が弱っていますので、風邪を引いたら注意しましょう。

 

この状態が長く続くと、身体の節々や骨が痛むようになったり気管支炎など呼吸器系の病気にかかってしまう可能性があります。そうなると余計長引いてしまい、さらには気管支炎から肺炎を発症するリスクも高まります。

 

咳が何週間も続いている場合は、病院で診察を受けるようにしましょう。病院へ行けば診断によりせき止めの薬を処方されます。

 

また蓄膿症の薬で鼻水をおさえ、粘膜の炎症を和らげることもできます。悪化する前に、まずは検査してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

関連ページ

ドロドロした鼻水
蓄膿症の代表的症状でもあるしつこい鼻水ですが、緑や黄色っぽい色をしていて粘ついているという特徴があります。
痰が絡む
蓄膿症になると痰が絡むことも多いです。粘膜が傷ついていると痰と血が混じって出ることもあります。
口呼吸になりがち
蓄膿症になると鼻で呼吸するのが苦しいため、知らず知らずに口呼吸になってしまうことがあります。
鼻が詰まる
蓄膿症を原因とする鼻づまりは片方の鼻だけ詰まるという場合もあり、単なる風邪や一時的症状として見落とされやすいです。
軽度の味覚障害
蓄膿症になると味がわからない、変な味がするといった状態になりますが、放置すると味覚障害の悪化につながります。
喉の痛みや違和感
蓄膿症で喉に違和感や痛みを感じることがありますが、風邪などでもこうした症状は起こるため、他の症状とあわせて判断しないといけません。
むくみや腫れ・顔面痛
蓄膿症は鼻や喉の症状だけでなく、顔のむくみや腫れ、それにともなう顔面痛をまねくこともあります。
頬の痛みと腫れ
蓄膿症になると頬が腫れて痛みをともなうこともあり、口を動かしたり笑顔を作るのも辛いという状態になりかねません。
虫歯との関係と歯茎の痛み
蓄膿症と虫歯は互いに関係性があり、歯茎の痛みや歯痛の原因にもなります。
耳鳴りや痛み・中耳炎
蓄膿症は耳にも症状があらわれることがあり、耳鳴りや痛みが代表例です。重度になると中耳炎や難聴にもつながるため注意しましょう。
集中力の低下・倦怠感
蓄膿症になると頭がボーっとして集中力が低下したり、だるくて何もする気がおきないという倦怠感に襲われます。
ドライマウスと口臭
蓄膿症で口呼吸をしてしまうと口内は常に乾燥してしまい、口が臭くなってしまいます。
通常とはちがう頭痛
頭が痛いということは誰でも経験がありますが、蓄膿症の症状として起こる頭痛は通常とは痛みかたに違いがあります。
めまいや腫れ
蓄膿症は目にも異常を起こします。まぶたの上にものもらいのような腫れや痛みを起こしたり、めまいやかすみといった症状があります。
鼻茸(鼻ポリープ)
ポリープというと口にできるイメージが強いですが、蓄膿症を放置すると鼻ポリープができることもあります。