蓄膿症 鼻水

スポンサーリンク

蓄膿症による鼻水の特徴

誰でも風邪を引いたとき、ズルズルと鼻水が出てつらい思いをすることがあります。これは多くの方が経験しますが、風邪が治るとほぼ同時に症状もおさまり、自然治癒することがほとんどです。

 

しかし風邪が治ったのに鼻水が止まらず、何日間も続く場合はウイルスや細菌に感染しているおそれがあります。

 

鼻の周辺部には、「副鼻腔」と言われる空洞があります。この副鼻腔が炎症を起こし、鼻の中が膿んでしまう病気が蓄膿症です。

 

急に発症してしまうものを急性副鼻腔炎とも呼び、症状が慢性化したものを蓄膿症と呼びます。

 

蓄膿症は一度発症すると中々治らず、ただの鼻づまりだと思ってそのまま放置してまいがちです。

 

春など花粉が飛び交う季節には、花粉症と勘違いしてしまうこともあります。花粉症も炎症を引き起こす引き金になりますが、鼻水の色が違うため容易に判別可能です。

 

蓄膿症は一般的に鼻水の色が黄色または緑っぽく、膿のような色になります。非常にネバネバ・ドロドロとしており、鼻の奥にくっついてしまい息がしづらくなるのが特徴です。

 

花粉症によるものは透明でサラサラとしています。そのため花粉症になるとティッシュが手放せなくなり、ダラダラと鼻水が流れてくるのです。

 

蓄膿症は悪化してしまうと手術による治療が必要になります。基本的には鼻に違和感を覚えたら早めに耳鼻科へ行き、早期治療を心がけることが大切です。

 

基本的にくしゃみや目のかゆみなどの症状は出ず、鼻の違和感だけですので、おかしいと感じたらすぐ病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

痰が絡む
蓄膿症になると痰が絡むことも多いです。粘膜が傷ついていると痰と血が混じって出ることもあります。
口呼吸になりがち
蓄膿症になると鼻で呼吸するのが苦しいため、知らず知らずに口呼吸になってしまうことがあります。
鼻が詰まる
蓄膿症を原因とする鼻づまりは片方の鼻だけ詰まるという場合もあり、単なる風邪や一時的症状として見落とされやすいです。
軽度の味覚障害
蓄膿症になると味がわからない、変な味がするといった状態になりますが、放置すると味覚障害の悪化につながります。
喉の痛みや違和感
蓄膿症で喉に違和感や痛みを感じることがありますが、風邪などでもこうした症状は起こるため、他の症状とあわせて判断しないといけません。
むくみや腫れ・顔面痛
蓄膿症は鼻や喉の症状だけでなく、顔のむくみや腫れ、それにともなう顔面痛をまねくこともあります。
頬の痛みと腫れ
蓄膿症になると頬が腫れて痛みをともなうこともあり、口を動かしたり笑顔を作るのも辛いという状態になりかねません。
虫歯との関係と歯茎の痛み
蓄膿症と虫歯は互いに関係性があり、歯茎の痛みや歯痛の原因にもなります。
耳鳴りや痛み・中耳炎
蓄膿症は耳にも症状があらわれることがあり、耳鳴りや痛みが代表例です。重度になると中耳炎や難聴にもつながるため注意しましょう。
集中力の低下・倦怠感
蓄膿症になると頭がボーっとして集中力が低下したり、だるくて何もする気がおきないという倦怠感に襲われます。
ドライマウスと口臭
蓄膿症で口呼吸をしてしまうと口内は常に乾燥してしまい、口が臭くなってしまいます。
鼻汁や膿による咳
蓄膿症による膿やネバネバした鼻汁が喉の奥に流れると咳がでたり息苦しさを感じるようになります。
通常とはちがう頭痛
頭が痛いということは誰でも経験がありますが、蓄膿症の症状として起こる頭痛は通常とは痛みかたに違いがあります。
めまいや腫れ
蓄膿症は目にも異常を起こします。まぶたの上にものもらいのような腫れや痛みを起こしたり、めまいやかすみといった症状があります。
鼻茸(鼻ポリープ)
ポリープというと口にできるイメージが強いですが、蓄膿症を放置すると鼻ポリープができることもあります。