蓄膿症 食べ物

スポンサーリンク

蓄膿症改善に摂取したい食べ物

蓄膿症はやっかいな病気ですが、食事を見直すことで症状を和らげることが可能です。効果がある食べ物も多く、鼻づまりや鼻水、頭痛などを改善してくれる場合もあります。

 

基本的にバランスの良い食事を心がけることが大切ですが、蓄膿症になったときは脂分を控えるようにしましょう。鼻づまりの症状を悪化させる場合があり、余計治りが遅くなってしまうこともあるのです。

 

スタミナを付けたくて、つい脂の乗った肉を食べたくなるかもしれませんが、少し我慢して治療に専念しましょう。

 

蓄膿症の症状改善におすすめの食べ物はショウガです。ショウガにはさまざまな成分が含まれており、血行を良くする作用があります。特に鼻づまり、頭痛、体の冷えなどに効果があり、辛い症状を和らげてくれます。

 

お湯にすり下ろしたショウガと砂糖を入れたショウガ湯や、魚と一緒にじっくり煮込んだ料理がおすすめです。うどんなどの薬味として添える食べ方もあります。

 

また、喉の粘膜を守る効果もあり、さまざまな症状に体の内側から作用します。症状が辛いときはショウガを優先的に食べるようにしましょう。

 

大豆などの豆類や、ワカメ、昆布といった海藻類もおすすめです。血液を良くする効果があり、免疫力の向上と新陳代謝の活性化が期待できます。

 

これにより鼻づまりや鼻水の防止、頭痛や耳鳴りの緩和など複数の症状に効果があります。サラダにしてまとめて食べたり、海藻を味噌汁の具に用いる食べ方が向いています。

スポンサーリンク

関連ページ

口臭対策
蓄膿症で口が臭くなった時は、通常の口臭対策とあわせて鼻の洗浄をするのが効果的です。
鼻づまり対策
蓄膿症による鼻づまりを改善するには、ツボ刺激と血行を良くするのが効果的です。
頭痛対策
蓄膿症で急に頭が痛くなった時はツボを指圧し、日常的な頭痛には日々の入浴で症状をやわらげるようにしましょう。
鼻うがいの方法
根本的に蓄膿症が治るわけではありませんが、即効性もあり症状の緩和に役立つ鼻うがいのやり方について説明しています。
治療にも使われる漢方薬
蓄膿症は多様な症状があらわれるため、漢方を用いて治療する場合も種類が変わってきます。主に使われる漢方薬を紹介します。
飲み物について
蓄膿症の時は炭酸飲料とカフェイン入りの紅茶やコーヒーは避けて、ウーロン茶や緑茶などの飲み物を飲むようにしましょう。
各症状に効果的なツボ
蓄膿症の症状が急変した時など、薬で即座に対応できない場合はツボを指圧して症状を緩和させましょう。
サプリで有効成分を吸収
サプリメントを飲めば蓄膿症が治るわけではありませんが、症状の緩和目的や有効成分の補給に使うと完治が早まります。