蓄膿症 ツボ

スポンサーリンク

蓄膿症の各症状に効果的なツボ

蓄膿症はおもに薬の力を借りて治療する病気です。ただ服用にあたって制限があるため、急に症状が悪化した場合は対応できないことがあります。

 

鼻づまりなど、つらい症状を一時的に改善させる方法はいくつかありますが、手軽に実践できるのがツボの刺激です。

 

蓄膿症の症状を緩和させるツボは体中にあり、鼻づまりの改善や、頭痛、歯痛などの痛みに対して効果があります。これらの症状がひどくなってきたときは、ゆっくり指圧してみましょう。

 

鼻づまりと鼻水を改善できるツボが鼻通です。鼻の穴のちょうど上にあり、少しだけへこんでいます。左右両方にありますので、下から上に向かって中指で指圧していきましょう。10秒押したら10秒休みを入れるようにし、これを3〜4回繰り返します。

 

また鼻の穴の入り口横には迎香というツボがあります。ここも同様に鼻づまりの改善に効果があるため、同じように指圧してみましょう。鼻通と迎香を交互に指圧していくのがおすすめです。

 

頭痛には内庭というツボが効果があります。足の人差し指と中指の付け根にあり、頭や歯の痛みを緩和してくれます。片手で足をつかみ、もう片方の手の親指で指圧していきましょう。鈍い痛みが走り、徐々に頭痛などが和らいでいきます。

 

手の人差し指の付け根付近にある合谷も効果があります。あまり強い力をかけず、中指で5秒ほど指圧します。その後10秒ほど休みを入れ、再度指圧を4〜5回繰り返します。左右どちらか片方の手だけを指圧しましょう。

 

ツボの位置がいまいちわからないという場合やうまく指圧できないという人は、マッサージ店でやってもらうのもありです。お灸をすえてより効果的に刺激してくれるところもあるので、試してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連ページ

口臭対策
蓄膿症で口が臭くなった時は、通常の口臭対策とあわせて鼻の洗浄をするのが効果的です。
鼻づまり対策
蓄膿症による鼻づまりを改善するには、ツボ刺激と血行を良くするのが効果的です。
頭痛対策
蓄膿症で急に頭が痛くなった時はツボを指圧し、日常的な頭痛には日々の入浴で症状をやわらげるようにしましょう。
鼻うがいの方法
根本的に蓄膿症が治るわけではありませんが、即効性もあり症状の緩和に役立つ鼻うがいのやり方について説明しています。
治療にも使われる漢方薬
蓄膿症は多様な症状があらわれるため、漢方を用いて治療する場合も種類が変わってきます。主に使われる漢方薬を紹介します。
摂取したい食べ物
蓄膿症は食生活の見直しで症状をやわらげることができますが、特に効果的な食べ物として生姜とワカメや昆布などの海藻類があります。
飲み物について
蓄膿症の時は炭酸飲料とカフェイン入りの紅茶やコーヒーは避けて、ウーロン茶や緑茶などの飲み物を飲むようにしましょう。
サプリで有効成分を吸収
サプリメントを飲めば蓄膿症が治るわけではありませんが、症状の緩和目的や有効成分の補給に使うと完治が早まります。